カテゴリー別アーカイブ: ものづくりブログ

3Dプリンターで治具製作

冶具部品製作事例です

冶具

とってもシンプルな形をCADで描きました。
シンプルな形ですが、2DCADでは複雑なデータが盛り込まれています。
3Dに変換してプリンターで成型いたします。
これまででしたら樹脂成型を依頼していましたが、社内で製作・検証できるようになりました。
小さな冶具部品ですが、位置決めに重要な役割をはたします。
フィレットの寸法を決めるのに2度試作しました。
図面通りΦ2の穴も成型されています。
この様な小さな部品ですが、現合試作が簡単に出来ることで社内の効率化が計れています。

JIGU 2

JIGU 1

昨年末よりハンドルヒーターに関する検査治具の製作に携わっています。
この治具もこちらの検査治具の中に使用する部品です。
ハンドルハンドルヒータって高級車のみに装備される優れもの
仕様も興味深いのですが、冶具製作には苦心しています。
現場の方が、効率よく、安全に作業出来ることと、且つ厳しい検査基準と検品体制が保たれることを要求されています。

実際の検査治具の架台です。
この上に制御装置を乗せて組み上げてゆきます。
とっても残念なのですが・・・
守秘義務で納品時の完成図を公開できません。
架台
省力化機器なら、大阪・有限会社ティ・エス・ディ
お気軽にお問合せください。
TEL:072-634-0720
http://www.e-tsd.co.jp/
support@e-tsd.co.jp

筐体組立・配線

yobo5

BOX内の組立配線。
車載部品検査用BOXです。

車載部品数台を同時に組立する装置です。この装置に計測BOXを数台設置しました。
BOXの大きさ、部品の配置などスペースに合わせレイアウトを考えて組み立てます。

筐体組立の詳細に関してはこちら

(有)TSDは経営力向上計画認定企業です

この度経営力向上計画 認定を頂きました。
社内作業の効率化を図るにあたり、新しい装置の製作を計画しています。

14894504_1114540545290035_877752272_o

経営力向上計画書作成にあたりご協力いただきました 茨木商工会議所様には感謝申し上げます。
こちらの経営力向上計画は「中小企業等経営強化法」に基づき平成28年7月1日に施策されました。
認定された認定事業者は計画に基づき取得した機械及び装置について、固定資産税を3年間で1/2に軽減する税制措置や金融支援等の措置を受ける事ができる内容。
ものづくり補助金申請の際にも加点につながるらしいです。
最初はwordの申請用紙2枚に記入して提出すれば良いだけという、手続きも簡単そうなふれこみでしたが、10月に入りexcelに計画に関する数字を入力後、ネット申請が可能になりました。そちらの方が認定までの時間が短縮されるとあります。
弊社はネット申請してから1週間ほどで認定の連絡をいただきました。
但し、12月に入ってからは混雑が予想されると中小企業庁のお知らせにあります。
詳細は 経営サポート「経営強化法による支援」 のページをご覧ください。

弊社は大阪にありますので、近畿経済局のこちらのページから申請用紙等ダウンロードいたしました。

経営力向上計画の申請方法について

工業会証明書について
設備投資の為の購入機械の業界証明書を取得するまでの日にちが最低でも3週間~5週間ほどかかる場合もあるのと、証明書費用、減税効果を考えると、後で修正も可能のようですので経営向上計画書のみで申請されても良いかと考えます。

省力化機器なら、大阪・有限会社ティ・エス・ディ
TEL:072-634-0720
http://www.e-tsd.co.jp/
support@e-tsd.co.jp

全てのアイデアは、『生活の中から生まれる』

今日は大阪勧業展に出かけてきました。
昨年あるセミナーを開かれていた工業デザイナーの方と、偶然ゆっくりお話をさせて頂きました。
お話の中で全てのアイデアは、『生活の中から生まれる』という言葉聴いた時に、写真のスマホケースを見つけた時、衝撃を受けた理由が解りました。
それは「毎日のように基板を見ているのに、どうしてこのアイディアが沸かない?!」って嫉妬に近い感情だったのです(笑
一般の方々に受け入れられる商品をBtoBの企業が生み出すのは至難の技。
心も頭も柔軟にしておく訓練が必要ですし、生活の中にキーワードはちりばめられていると改めて学んだひと時でした。

スマホケース 基板http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20140910/1059949/?SS=expand-life&FD=598924838

省力化機器なら、大阪・有限会社ティ・エス・ディ
TEL:072-634-0720
http://www.e-tsd.co.jp/
support@e-tsd.co.jp

平成27年度補正予算ものづくり補助金の応募期限は平成28年4月13日

ものづくり補助金の応募期限が4月13日に迫ってきました。

当社は

平成24年度 ものづくり補助金「医薬品分野向け医薬剤の供給装置試作機の設計開発の試作製造」採択
平成26年度 小規模事業者持続化補助金採択
平成25年度 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(取引環境改善型開拓支援事業)補助金「中製造業向け試作開発の技術支援業務事業」採択

と過去に補助金採択の経験があります。

今年のものづくり補助金は生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援にも認定される内容となっています。

当社は過去にパナソニック社テレビ工場ラインの省力化設備から始まり、現在は自動車関係や医療・食品関係の企業様の生産ラインにも納品実績を積み重ねております。
既存の設備に省力化向上を図る装置を増設することも可能です。
お気軽にご相談ください。


補助金の書類作成業務は、決められた流れにそって進めなくてはいけます。
初回採択時にはなんどか書類再提出を求められたこともありました。
生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援での分野で採択された企業様には、ものづくり補助金採択の経験を踏まえてご協力させていただきます。

省力化機器なら、大阪・有限会社ティ・エス・ディ
TEL:072-634-0720
http://www.e-tsd.co.jp/
support@e-tsd.co.jp

平成26年度小規模事業者持続化補助金採択

ものづくり補助金ではないですが、平成26年度小規模事業者持続化補助金採択されました。

小規模事業者持続化補助金とは
小規模事業者が商工会・商工会議所と一体となって販路開拓に取り組む費用の2/3を補助する制度であり、①複数の事業者が共同で行う取組や、②雇用対策・買い物弱者対策への取組を行う事業者に対しては重点的に支援が受けられる。補助上限額:50万円(①500万円、②100万円)
金額が少額だから簡単に採択されると思われがちですが、応募件数が多いので以外に狭き門というのが実感です。
補助金書類作成時は、茨木商工会議所様のお世話になっています。
補助金の書類を書き込んでゆくことは、会社運営に必要な事柄が見えるので、有意義な作業になります。
家電メーカーの大規模工場が撤廃され、不況の波に飲み込まれそうになっていましたが、様々な補助金にチャレンジすることによって生き残る道が開けたのかもしれません。

小規模補助金では今ご覧になっているHPを製作いたしました。
HP製作業者さんに、自社での記事の更新方法を教えて頂き、都度気になったところを訂正、更新しています。

販路拡大に向けた既存部品の取り換えおよび増設にも対応いたします

1月も半ばを過ぎました。急に寒波が襲ってきて冷え込んでいます。
年明けから、中国株・原油価格の影響で株価が下がったというニュースが流れています。
投資家の方々には気持ちまで冷え込む状況のようですが、製造業界は少し設備投資に活気が戻ってきたようで、年末から見積もりだけという問い合わせは減り、受注につながることが多くなってきました。
ご相談の中には、現状の設備改善もあります。
現場での声を吸い上げ、既存設備に部品を取り換えたり、増設することで生産性の向上や安全性の向上を図ることが可能となります。

そろそろ平成28年度補正予算からの事業の公募も始まります。
詳しくはこちら↓↓をクリック
平成27年度補正予算事業「
ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の事前予告を行います(補助金の公募開始のお知らせではありません

当社はものづくり補助金に認定・取り組んだ経験もあります。
コンサルタントの方々にはお世話にならずに、社内で書類作成等処理いたしました。
ものづくり補助金を認定された企業様に、前もってのアドバイス等細やかな対応が可能です。
お気軽にお問合せください。

省力化機器なら、大阪・有限会社ティ・エス・ディ
TEL:072-634-0720
http://www.e-tsd.co.jp/
support@e-tsd.co.jp